新着情報

園長だより

園長だより No.8

今年も残すところ、あと数日となりました。
平成24年は皆様にとってどんな一年でしたでしょうか?

この一年、保育園では、色々なことがありました。
本園を改修して、ちゅーりっぷ組を移したこと、90人に定員を増やしたこと、茶毒蛾の大量発生に夏の猛暑(酷暑?)、運営委員さんたちの活躍、給食体制の刷新、学童保育の開設、さくら組さんの鴨居保育園との交流などなど・・・

そうした中でも、毎日穏やかに保育を行うことができ、ひとつひとつの行事においてもそのたびに子供たちの成長していく姿が見られたことは、子どもたちの伸びようとする力と、それを支える保護者の皆様の愛情と、職員たちの頑張りの賜物と、心から感謝をしながら、今、こうして年の瀬を迎えています。本当にありがとうございました。

そして、来年度は保育園も開設5年目を迎え、『みらい』として、ここの施設を作った時からの理念である、“大きな輪の中で”にあるように、子どもたち・保護者・お年寄り・障害をもった方たちも、全てのひとが、この社会の中でそれぞれの役割を持ちながら生きていける場所を広げていけるよう、NPO法人を設立いたします。
NPO法人では、学童保育・地域子育て支援・障害児の放課後居場所づくりなどの事業を、広く地域の方たちの応援をいただきながら、行政や関連諸機関と連携をとって進めていきたいと思っております。
ここの地域で育った子どもたちは、社会に出て、“人と支え合う””生き方をしてくれることと信じて、たくさんの方たちと『地域の子どもを地域で育てる』活動を続けていきたいと思っております。
どうか、皆様のご賛同をいただきたく、よろしくお願いいたします。
(横浜市のHPでは設立趣旨書、定款、事業計画書を閲覧できます。ぜひご覧ください。)

先日のクリスマスイブの日には、精神障害者作業所の通所者の方たちのハンドベルコンサートを聴いてきました。(『アトリエ窓』という、保育園で使っている木製のマークやキーホルダーを作っている作業所です)
県立音楽堂での晴れのコンサート。
音階の異なる多数のハンドベルで、ひとつの複雑な曲を皆で協調して演奏することは、根気強い練習の積み重ねが必要であることは想像できますが、どちらかといえば、協調することや根気強く練習を重ねることは苦手な障害特性があるとすれば、ここに来るまでの、一人一人の努力と、それを支え続けてきた家族や指導者、作業所の職員さんたちの緊張感や思いはどれほどのものか・・・と胸に迫る思いをもって聴きました。
しかし、プロ級のそれは美しい響きで全9曲を演奏し終え、一人一人の安堵感とともに達成感に満ちたさわやかな表情を見たとき、本当に、どの人も社会のなかできちんと生きているのだということを実感しました。

そう! あなたも私も、みんな役割があるのです。そこにいる意味があるのです。
子どもも大人も、その役割・意味を見つけ、認め合い、はたしていける場を、ここの地に創っていくために、来年は一歩踏み出そうと思っています。

皆様も、ぜひご一緒に、歩みを進めてくださると幸いです。

新しい年が、皆様にとって心温まる、幸せな年でありますよう、お祈りいたします。

平成24年12月27日
飯野 慰子

≫ 続きを読む

園長だより   2012/12/27   飯野 慰子

園長だより No.7

保育園と自宅との間の細い道に、お庭から柿の木の枝がせり出しているところがあります。夏には青く小さかった実が、ここにきてどんどん大きくなり日増しに色づくのを毎日楽しみにして通っています。今年の夏は、『本当に秋がくるのかしら・・・』と思ってしまうほどでしたが、こうしてきちんと季節は廻ってくるのですね。あの夏の暑さを凌いだせいか、今年の秋の訪れは特別に感じ、自然からの贈り物のように思えます。これからの季節、子どもも大人も自然の恵みを十分に満喫し、身近なところで実りの秋を体験したいと思います。

夏まつり、運動会と大きな行事が終わりました。
それぞれの行事に、お手伝いを申し出て下さったたくさんの保護者の皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。
夏まつりは天候不順のため急遽予定を変更しましたが、皆様のご協力で大きな混乱もなく無事に行うことができましたことを、感謝申し上げます。
また、今回初めて、運営委員さんたちのブースを出していただき大変盛況でしたが、委員さん方には、『何か子供たちの楽しい思い出の一つを』と、お仕事の合間の時間や休日を使って準備してくださいましたことを、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。
運動会も、本当にたくさんのご家族にお越しいただき、皆様の声援と拍手が子供たちの自信と喜びを作り出してくれました。子どもたち一人一人の、その子らしい活き活きとした笑顔と、それを見ているご家族皆様の笑顔を見て、準備にあたった保育士たちも心から嬉しく思ったことでしょう。

他にも、この夏もさくら組さんの“お泊り保育”や卒園児の“お味噌を食べる会”を行いました。
さくら組さんは、お泊り保育を経験してクラスの一体感がぐっと強まり、さらに運動会が終わると、一気に保育園の一番のお兄さんお姉さんの顔になります。本当に頼もしいです。
と同時に、この子達と一緒に過ごす時間もあと半年・・・という気持ちにもなります。
嬉しい、さびしいという複雑な半年です。

法人としても、この10月から保育園の新給食体制や学童保育の開設と、新たな取り組みを始めました。
この地域の子どもたちと保護者の皆様にとって、“より安全”“より安心”な環境を作り続けていくために、これからもひとつずつ取り組んでいきたいと思います。

平成24年10月7日
園長  飯 野 慰 子

≫ 続きを読む

園長だより   2012/10/07   飯野 慰子

園長だより No.6

梅雨も後半になると、毎年のように各地で集中豪雨が起こり、大きな被害のニュースを耳にします。山あいの豊かな自然の中の生活が、一瞬にして壊され流されていく様子を見ると、自然の力とは“恵み”の時も“脅威”の時も、計り知れない大きな力であることを実感します。
3月に保育園で開催した親子コンサートのMINEHAHAさんの曲で、『ありがとう地球』という歌がありますが、それを聴くたびに、本当に自然の恵みに感謝しながら自然と共存していくことを考えないといけない時期が来たように思えます。まずは、身近な自然に感謝し、出来ることから大切にしていきたいものです。

さて、今回は個人的なお話から。
私は関西出身で、ごく最近になって、田舎で一人暮らしをしていた82歳の実母を横浜の自宅に引き取り、一緒に暮らすことになりました。かれこれ40年間近く離れて暮らしていたので、一緒に暮らしてみてびっくりすることばかりなのですが、何よりも一番愕然としたことは、母は私が思っていたよりも遥かに色々なことが出来なくなっていることでした。
子供(娘)というのは勝手なもので、自分の記憶の中にあるイメージで親のことを見ていたのだということにも気づきましたが、“歳をとる”とは、昔は出来ていたことがいつの間にかどんどん出来なくなっていくことなのだということを、現実として目の当たりにしています。
保育園では、毎日のように子供たちの出来なかったことが一つ一つ出来ていく過程を見て元気をもらい、ご父兄や先生たちと共に喜ぶ日々ですので、どんどん出来なくなっていくということがどういうことなのか分かっていなかったのです。

幸い、この保育園は老人ホームさんと同じ建物にあり、子供たちはお年寄りの姿をしょっちゅう目にします。
“人は、皆、歳をとっていく”
この当たり前のことを子供たちにはごく自然に分かっていってほしいと思います。
だんだん聞こえなくなる、だんだん腰が曲がる、だんだん歩けなくなる・・・
そして、いつか、いなくなってしまう・・・
そういうことを、ごくごく自然に分かっていってほしいと思っています。
8月4日(土)は、合同の夏まつりです。お店や屋上プログラムでホームのお年寄りたちと一緒になると思います。ぜひ、声をかけてお話してみて下さい。そして、ご家庭でも子供たちに『ひいおじいさん』『ひいおばあさん』のお話をしてあげて下さい。
夏まつりが楽しみですね。

平成24年7月17日
園長 飯野慰子

≫ 続きを読む

園長だより   2012/07/17   飯野 慰子

園長だより No.5

春、新年度がスタートしました。

 本園玄関横の桜の木も、3月に卒園した子供たちが植えてくれた園庭のチューリップも
入園・進級に合わせて咲き誇り、またひとつ子供たちが成長したことをお祝いしてくれました。
 
3月24日には13名の子供たちが、保育園から巣立っていきました。どの子も小学生になる喜びと誇りに満ち溢れ、また、お父さんお母さんの子供たちに対する愛情も満ち溢れていた、とても感動的な卒園式でした。
 毎年卒園式を迎えると感じることですが、保育園の歴史を創ってくれるのは他でもない、この子供たちであり、お父さんお母さんたちであると思います。こうして、保育園の歴史が1ページ1ページ積み重なっていくことに喜びを覚え、また、かけがえのないわが子を託していただける幸せに感謝しながら、今年も丁寧に保育をしていこうと、職員一同新たな気持ちでスタートしました。
引き続き、保護者の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 さて、東日本大震災と、福島原子力発電所の事故から1年たち、ここ横浜ではごく普通の日常が過ぎているように思われます。しかし、むしろこれから、私たちは本当の安全・本当の安心のことを考えていかなければならないのではないかと思っています。
 保育園でも、今年は『安心・安全』について、できることから一つ一つ取り組んでいこうと、職員間で話し合い、進めていこうとしています。『こころの安心』『食の安全』『安全な設備・環境』『地域の安心』・・・。取り組むべき課題はたくさんありますが、少しずつでも取り組みを進め、確実なものにしていきたいと思っております。

 今年度も、子供たち、保護者の方たち、老人ホームの皆さん、地域の方たち、そして職員一同が、お互いの助け合いの中で、暖かな幸せな一年であることを願います。

平成24年4月18日
園長 飯野慰子

≫ 続きを読む

園長だより   2012/04/18   飯野 慰子

園長だより No.4

間もなく『冬至』。
一年で一番日の短い時ですね。
いつもと同じお迎えの時間でも、真っ暗になっていて、何となく気が焦ってしまわれるのではないでしょうか。

今年は、秋から冬にかけて、本当にあっという間に過ぎて行ったように思います。
行事も、運動会、お芋ほり、焼き芋、保育参加・給食試食会に、消防車が来てくれたり、お話しキャラバンが来てくれたりと、子供たちはたくさんの経験をしました。
おうちの方々にも多くのご協力をいただき、子供たちのたくさんの笑顔を見ることができて、とても嬉しく思います。本当にありがとうございました。

 保育園の活動は、保育園開所の初年度から行っていることや、新たに取り組んでいることなど、先生たちと色々と考え、工夫をしながら進めていますが、今年は年度初めからいつも感じていることがあります。

 一つは、3年という時間の大きさです。
まだ、たった3年間という短い時間ですが、毎日の積み重ねの3年間は、確実に子供たちの成長を見せてくれていますし、3年間の積み重ねがあるからこそ、新たなことに取り組めていけます。
この3年間を作ってきてくれた、子供たち・ご父兄、そして先生たちに感謝です。そして、これからも、4年、5年、10年、15年・・・と積み重ねていきたいと思います。

 二つ目は、外とのネットワークです。
 今年は、地域の絵本の読み聞かせサークルの方たちによる、『お話しキャラバン』に来ていただき、幼児さんはとても楽しい時間を過ごしました。
 また、今年の『焼き芋(お芋をおいしく食べる会)』では、公園などの落ち葉の使用は放射性物質の懸念があるため控えざるを得ませんでしたが、おもちゃやキーホルダーを作ってくれている障害者地域作業所にお願いして木片をいただいたり、近くの注文家具工房さんから、桜やポプラ、松などの木片をたくさんいただき、無事にたき火で焼き芋を作ることができました。どこも、喜んで提供してくださり、子供たちも燃え上がる炎を見て、よい経験ができたと思います。
 行政機関とも、定期的な『巡回相談』などを通し、保育園での子供たちの様子や保育についての助言を仰いだりする機会を設けています。

 こうして、平成23年を振り返ってみると、ひとつひとつは小さな積み重ねではありますが、少しづつでも前に進めてきていることを本当に嬉しく思いますし、かかわってくださっているすべての方々に感謝申し上げます。

 ありがとうございました。

 もう少しで年末年始のお休みに入られるご家庭も多いかと思います。
 皆さんお揃いで、よい年末年始をお過ごしください。

平成23年12月13日
さくらの郷みらい保育園
飯野 慰子

≫ 続きを読む

園長だより   2011/12/13   飯野 慰子

園長だより No.3

大型台風のニュースとともに9月を迎えました。
8月は、ご家庭のお休みに合わせて、おじいちゃんおばあちゃんに会いに行ったり、お出かけしたり、おうちでゆっくりのんびりされたり、あるいは、お父さんお母さんのお仕事にあわせて保育園で頑張ったりと、それぞれの夏を過ごした子供たちも、一回り大きくなって、体調を崩すことなく、元気に登園してくれています。
 
保育園でも、8月は、『夏まつり』や、さくら組さんの『お泊り保育』や、昨年度の卒園児たちの『お味噌を食べる会』などの大きな行事がありました。
まだ保育園は3年目で、このような行事も3回目・2回目の開催ですが、回を重ねる毎に、保育園の子供たち・職員はもちろんのこと、老人ホームのお年寄りたちや職員も交えて、『ここらしい』・『ここだからこそ』できる行事になってきたと実感しています。
 
夏まつりには、たくさんの保護者の方々にご参加いただき、ありがとうございました。楽しんでいただけましたか?
今年は、館内の飾りつけや、お店コーナー・ゲームコーナーにもお年寄りたちがスタッフとして参加したり、第2部の盆踊りでは、お年寄りたちも輪に入って『炭坑節』を一緒に踊ったりと、老人ホームの人たちも一緒に楽しめて、本当に嬉しく思っています。
次は、子供たちとお年寄りに加えて、保護者の皆さんや、お年寄りの家族の方々も一緒に盆踊りができたら素晴らしいですね。
また、『お泊り保育』では、さくら組の子供たちがやりたいことを話し合って、夕方の時間を老人ホームのお年寄りたちが喜ぶことをしようということになりました。2階から4階まで3グループに分かれてそれぞれのフロアーで、『肩もみ』『折り紙』『食事のお手伝い(配膳)』を行いました。一緒に童謡の大合唱もあったようです。お年寄りたちがとても喜んでくれたのは勿論のこと、同時に子供たちも、お年寄りたちの「ありがとう」「気持ちがいいよ」「今日のご飯は特別おいしい」という言葉をもらって、“人の役にたつこと・喜ばれること(をすること)は、自分も嬉しい”ということを体験したことと思います。

『炭坑節』にしても、『お泊り保育のプラン』にしても、子供たちの中から上がってきたことです。ここ(この保育園)では、子供たちは、普段からお年寄り・ホームの職員・厨房の職員など、いろいろな人たちと接することで、自分以外の人たちの存在も大切にしようという気持ちが自然に培われてきているように思いますし、そんな子供たちの気持ちをこれからも大切に育んでいきたいと思っています。

『お味噌を食べる会』は、毎年、さくら組さんは卒園の直前にお味噌を仕込みます。それを半年間、(折山)洋子せんせいが丁寧に寝かしておいて、小学校1年生の夏休みに保護者の方も一緒に集まって、みんなで味噌樽を開けます。今年はお味噌汁や焼きおにぎり等々を食べ、思い出話や近況報告をしながら、夏のひと時を楽しく過ごしました。
子供たちは、何年間かここで過ごすと外の世界に飛び立っていきますが、こうして、時には戻ってくる場所を用意して、大きくなった姿を見せにきてくれることは、何より嬉しいことですね。
今保育園にいる子ども達と保護者の皆さんにも、いずれ将来は『お味噌を食べる会』のご案内が届くことと思います。楽しみにしていてください。 

10月2日(日)に運動会を行います。子供たちは、運動会に向けて期待いっぱいで、練習を楽しんでいます。進級して半年たったお子さんの姿を見て、ここまでのそれぞれの成長を一緒に喜びたいと思います。また、保護者リレーもあります。ぜひ、子供たちの声援を受けて走ってください。子供たちはお父さんお母さんたちの走りに、精一杯のエールを送ってくれることでしょう。たくさんのご参加をお待ちしています。

平成23年9月8日
園長 飯野 慰子

≫ 続きを読む

園長だより   2011/09/08   飯野 慰子

園長だより No.2

今年は、例年になく早い梅雨入り、そして早い梅雨明けで、本当に暑い夏を迎えました。
4月の新年度を迎えてからこの4カ月間、子どもたちはみんな背が伸び、体力もつけ、先生や友だちとの関わりを通してたくさんのことを学び、着実に成長しています。

保育園は3年目に入り、今年度は新たな取組みを始めています。
ひとつは、『リズム遊び』
5月と6月の『親子でリズム』『親子であそぼ』では、2歳から5歳児クラスまでの保護者の皆さんにも一緒に楽しんでいただきましたが、引き続き毎週定期的に時間を設けて取り組んでいます。先生たちも、毎月1回、勤務終了後に交代でリズム研修に参加して勉強しています。

ひとつは、『英語の時間』
現在「みらいポケット」のこども英会話教室で取り組んでいます、『楽しく英語に親しむ』経験を、今年は保育の中にも取り入れ、1歳から5歳児クラスまでそれぞれに合った内容を計画して、6月から月一回の英語の時間を始めています。
また、保育園の地域支援事業として、『親子であそぼ』の他に『英語であそぼ』を今年度から開催しています。『親子であそぼ』では、地域の親子さんに保育園に来ていただき、手作りおもちゃや絵本の読み聞かせや育児相談をしていますが、新たに親子で楽しく英語に親しんでいただく取組みも始めました。

ひとつは、『手作りおやつ』
現在「みらいポケット」の『焼き菓子教室』や毎月の『ポケットタイム』でご案内しています、体によい素材を使った安心安全なおやつを、保育園の子どもたちにも食べてほしいと、7月から月に一度、そのせんせいが手作りおやつを作ることになりました。

これらの取組みは、すべて、「こんなことをやりたい」「子どもたちにとってよいことだから、取り入れたい」という声が先生たちから上がって、始まったことです。そして、他の先生たちも、それに対して「じゃあ、こういう研修がある」とか、「こうしたらどうかしら」などというアイデアを寄せて実現しました。
こうして、先生たちの『「子どもたちに経験させたいこと」「自分のできること」をやりたい』という心意気を、とても嬉しく思っています。そして、それを実現できるよう協力する周りの先生たちの柔軟性を、とても頼もしく思っています。毎日子どもたちと一緒にいる先生たちが、これからもこうして『自己実現』していくことで、子どもたちも「自分の本当にやりたいこと」を実現することを学んでくれるのではないかと思います。
多くの保育の経験を持った先生や、若く柔軟なエネルギーを持った先生、専門的なノウハウを持った先生・・・と、この保育園にはたくさんの財産があります。これからも、その財産を活かして、先生たちの“できる”と子どもたちの“できる“を実現させることで、少しずつでも前進し続けたいと思っています。

平成23年8月1日
さくらの郷みらい保育園
園長 飯野 慰子

≫ 続きを読む

園長だより   2011/08/01   飯野 慰子

園長だより No.1

新緑の美しい季節です
この季節は、毎年、生命の息吹を感じます

保育園も18名の新入園児を迎え、合計75名の子どもたちと26名の職員で、新年度をスタートいたしました
子どもたちの笑顔と生命力が溢れています
職員の笑顔とエネルギーも高まっています

3月26日に、9名の卒園児を送りだしました
2年間という短い時間ではありましたが、子どもたちも職員も、毎日同じ空間と時間を共有した、その積み重ねはとても大きかったと感じます
これからも、時間の経過と共に着実に気持ちも積み重なっていくことを確認しています
3年目を迎え、さらに、子どもたち、保護者の皆様、職員も含めて、同じ空間と時間を共に過ごし、一緒に積み重ねていけたらと心から願っています

本園上階の老人ホームのお年寄りたちは、子どもたちを見ることだけで、子どもたちがいることだけで、本当に元気になります
そこにいるだけで、その存在だけで、お年寄りに生きる力を与えます
子どもたちも、同じ空間に保育園の先生以外の色々な人たちがいることで、世界が広がり、社会を知ることになります

私たちは、これからも、この環境だからできることを見つけ続け、ここに集うすべての人たちが、その持っている力をだしていける場処であることを目指します

社会情勢やご家庭それぞれでも、様々なことが起きるかもしれません
それでも、子どもたちの生命力・可能性を信じ、どんな状況でも、子どもたちが生きていく力を身につけていけるよう、まず私たち大人がしっかりと、しなやかに生きていくことが大切だと思う今年の春です

今年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

平成23年4月28日
さくらの郷みらい保育園
園長 飯野 慰子

≫ 続きを読む

園長だより   2011/04/28   飯野 慰子